若洲海浜公園はキャンプにおすすめ

8月 21st, 2014

東京の江東区の最南端に若洲海浜公園というところがあるんです。
img_f22_01

23区って人口密集地というイメージがあると思います。大半の場所は実際人口密集地のはずです。大きな公園などがあってもそれ以外はほとんど人間の手の加わった場所です。
そういう意味では江東区の大半は埋立地であり人工の土地です。
江戸の頃から埋め立てられ、つい最近までそれは続きました。お台場も大半が江東区です。お台場のあの広大な土地は埋立地ですからね。
ただ、お台場も人が住んでいたり、住んでいなくても昼間は人が働いて生活する場となっています。
でも江東区の東陽町より南側、夢の島あたりから新木場あたりはちょっと雰囲気が変わります。相当広大な土地が埋め立てられてるんですが、工場や倉庫がひしめいていて、あまり人がいません。
さらに新木場から橋を越えてクラブとして有名なagehaも通り過ぎるとだんだん走る車もトラックだけになってきます。そしてヘリポートなど広大な土地が必要な施設が増えてきます。そういった用途で埋め立てられたんでしょうね。

そこも超えると若洲エリアに入ります。若洲エリアは埋立地なんで平なんです。建物以外に地形の起伏がありません。とにかく広くて遠くまで見えます。
若洲海浜公園は面積でいったら葛西臨海公園や代々木公園なみのサイズです。でも電車や徒歩で行くのが難しい場所です。
公園の反対側にはキャンプ場があります。海辺なので寒い季節はつらいですが夏はいいと思います。
ただ海辺だと風が強いのでそこが難点かもしれません。
知り合いにかつらの男性がいたら風でかつらが飛ばされるかもしれません。
そしたら気まずいですよね。

だからかつらの男性には植毛をしてほしいと思います。
かつらを気にせずに楽しめるからです。
ただ、植毛と言ってもいろんな種類があります。人工の毛を植える今までの植毛じゃなく、自分の毛を植える「自毛植毛」が最近日本でも普及しています。
これは後頭部の毛が抜けないことを生かした方法です。後頭部は男性ホルモンの影響を受けないんです。
そこで後頭部の皮膚から頭皮を採取して毛のない部分に移植するという方法が生まれました。これが「自毛植毛」です。
自毛植毛なら毛根、毛包ごと毛包ユニットとして移植するので植毛後も毛が生きています。
これまでの数あるAGA対策のなかでも決定打といえる方法でしょう。

葛西臨海公園

7月 21st, 2014

遊泳禁止の砂浜での事故ってあとを絶ちませんよね。
東京都江戸川区にある葛西臨海公園にも西なぎさという砂浜があります。
1280px-Kasai_Kaihin_Park,_Nagisa-bridge

ここも遊泳禁止です。もし遊泳できるなら海水浴場としてもっと宣伝されているでしょうし、海の家もあるでしょう。
でも家族で潮干狩りに来たりすれば半ズボンになって水に入るぐらいのことはするでしょう。大人だと海水浴場でもない場所で水着になる人も少ないでしょうし、普段着のまま水に入って濡れたまま電車や車に乗りたくもないでしょうから、必然的にひざぐらいまで水につかって水遊びぐらいでしょうけど、子供は普段から濡れるのなんておかまいなしだったり、それを見越して水着を着せる親もいます。
その結果水深の深い場所まで行って流されることもあります。
臨海公園でも昔子供が流されたことがありました。なぎさで遊んでいたらいきなりヘリコプターが上空を飛んでものものしい雰囲気になったんです。
救急車が来て運ばれて行きました。それを見て遊泳禁止の場所は気をつけなきゃいけないんだなって思ったものです。
海に入らないなら遠くに都心の高層ビル街をのぞみながらもだだっぴろい砂浜が広がる景色を楽しめる葛西臨海公園のなぎさはすばらしい場所ですよ。
臨海公園は川の向こうがディズニーランドなのでランドの花火をみることもできます。
ただ交通の便が悪いのと近くに他に楽しい場所がないのと駐車場がなにげに満杯になってしまうのがなんとかしてほしい点ですね。
ところでみなさん自毛植毛って知ってますか?
AGAになって髪が失われた場所に自分の後頭部から髪の毛を毛包ユニットとして移植するのが自毛植毛です。
毛包ユニットとは、髪の毛は数本まとめて毛穴から生えているのですが、毛穴の下に毛包があって上皮細胞=毛母細胞がそのなかで毛を生み出しています。
毛包は毛乳頭細胞や先述の毛母細胞などで構成されています。この部分ごと採取して移植するので、エクステや人工毛とは違い、植毛した場所でまた髪の毛が成長するのがメリットです。要は髪が生きてるんです。
もちろん後頭部の皮膚から採取するのでそこは傷跡になります。ただ1センチ程度髪を生やしていれば気づかれないとのことです。
男性のみなさん、AGAになっても今は治療できる時代ですよ。あきらめないで!

金町にある水元公園

6月 21st, 2014

葛飾区の金町駅から徒歩だと30分以上、バスや車でも10分近くかかる離れた場所に水元公園という巨大な公園があります。
葛飾区って新小岩のほうは栄えてるんですが、常磐線エリアは交通の便が悪いんですよね。地元民はだいたい車で移動してます。
駅から結構離れたところにある分、自然があふれてます。代々木公園や葛西臨海公園、木場公園、光が丘公園のような人工的に作られた自然にない「ガチ感」がたまらないです。
ヘビと遭遇したこともあります。
水元公園

川ぞいもあるんですが、川を渡ると埼玉県三郷市になり、名前もみさと公園になります。迷い込んだら埼玉、みたいな魔境感があります。
よく釣り人がいるんですが、本格的な装備で来ています。多摩川の釣り人よりガチなフィッシング装備です。

ヘラブナ釣りができるようです。昔はボートで釣りできたようですが、今はできなくなったようです。もともと湿地帯だったようで、今でも湿地が残っています。フナの繁殖にはもってこいの場所ですね。
ヘラブナは普通のキンブナ、ギンブナと違い高さがある形が特徴です。ふつうのフナは金魚のもとになった魚です。それよりも四角い形をしているのがヘラブナです。
ネットをみているとヘラブナだけでなくタナゴ釣りもできるようですね。タナゴはフナやコイと同じコイ科の魚ですがサイズが小さい魚です。ヘラブナがそのまま小さくなったような形をしています。
でもタナゴを釣るつもりでいたらクチボソが釣れたっていうブログもありました。クチボソとはモツゴのことです。モツゴはタナゴやヘラブナとちがって横に長くてこちらもコイ科の魚です。
ちなみにリールでの釣りは禁止になっています。この理由はバス釣りでリールを使う人がいるからです。バス釣りはリール当たり前ですからね。
バスがいるのにモツゴやタナゴもいるなんてすばらしいですね。

私は釣りしないんですが、彼がするそうなので付き合ってみようかなと思い始めています。
彼には釣りもいいのですが、髪の毛を生やしてほしいです。付き合いはじめはまだあったんですが、どんどんおでこが広くなってるんです。
でもまったくなくなってるわけじゃありません。まだうぶ毛程度に残ってる部分もあります。それならAGAクリニックで治療できます。
ジヒドテストステロンを抑制する薬、プロペシアやミノキシジルが使えますから心配はいりません。

浮間釣り堀公園

5月 21st, 2014

北区に浮間公園とは別に浮間釣り堀公園というのがあります。
名前は似てますが全く違う公園です。場所もかなり離れてます。
ちなみに浮間公園でも釣りはできるはずです。
なのでさらに紛らわしいです。
ph_right

駅でいうと志村坂上、環八と中山道の交差する近くにあります。
川ぞいにあります。
どんな公園かというと、田んぼをはさんで釣り池が2つあり、あとザリガニ池というのがあります。
結構整備された池なので、本当に釣り堀です。
ザリガニは夏だけだそうです。2011年はザリガニが死んで中止になったとか。
魚はコイやフナなどベーシックな日本の淡水魚です。
…ですがコイヘルペスが流行ってから魚が金魚に変わってしまいました。
巨大な金魚すくい地帯のようで見栄えがしません。
子供が釣りをして遊ぶような池で、大人の釣りには不向きですが、この池の魅力は魚を狙いにやってくる鳥を眺めることかもしれません。
夕方になるとサギやカワウが魚を食べに池に来るんです。公園の管理の人が池にネットをはって閉園するんですが、サギの嘴は長いので彼らは網の隙間から首を突っ込んで魚を食べようとします。
さきほど池の魚が金魚に変わったと書きましたが金魚は水面に出てくることが多いので、サギなどにとっては最高のえさのようです。
ですから池に来る大人のお客さんは釣り客ではなくサギが金魚を食べる瞬間を撮影しようとしているカメラ好きが多いですね。
なにげにサギの捕食シーンなんてなかなか見られませんから、面白いかもしれませんよ。
ちなみに浮間公園でも釣りができますが、あちらはブルーギルなど外来魚が多いそうです。
こないだ子供の釣竿がお父さんの頭にひっかかってなんと「頭がとれていました」
頭がとれたというのは「かつら」がはずれてしまったということです。
とれたかつらが池に落ち、金魚が餌と思って群がっていました。
高かったのだと思いますが途方にくれたお父さんの顔が忘れられません。
私が妻なら自毛植毛を勧めます。
後頭部の毛はAGAになってもなくなりません。男性ホルモンの影響を受けないからです。
そこで後頭部から毛包ユニットを採取、失われた頭頂部やM字の部分に植毛するのです。
自分の毛でしかも毛乳頭細胞を生かしたまま植毛するので植えた後も毛が生え続け、手入れも簡単です。

中央区の晴海ふ頭にはかつて国際見本市会場が

4月 21st, 2014

昔、東京都中央区晴海に東京国際見本市会場という施設がありました。かつては大きな催しがそこで開催されていました。
今はなくなってしまい、東京ビッグサイトや千葉の幕張メッセにとってかわられています。
どうしても大きなコンベンションセンターは広大な敷地が必要、それでいて移動や搬入に便利な場所がいいので、海辺の埋め立て地に作られることが多いですよね。
そうなると一般の人が通うのは大変になります。

東京国際見本市会場

幕張メッセは車にしろ電車にしろ都心から向かうと1時間近くかかる距離で結構な旅です。
ビッグサイトは目の前にゆりかもめの駅がありますが、ゆりかもめって車体も小さく編成も少ないので1本あたりの収容数は多くありません。
大量の人員の輸送には不向きで、大イベントになると非常に不便です。
りんかい線も最初TWRだったころは東京テレポートと新木場の間しか走ってなかったので、新木場で乗り換えるしかなかったですよね。
晴海はもっと大変でした。電車で行けません。当時は大江戸線もなかったので勝どきなどの駅から行くこともできず、近くて豊洲駅なんですがそこからさらに2、3キロは移動するんです。
バスで行くか徒歩で30分ぐらい歩くかでした。

今、ビッグサイトで開催されているコミックマーケットもかつては晴海で行われていました。
80年代初頭にはすでに晴海で開催されていてそのまま規模を拡大し、最後には晴海全館を使い数十万人が押し寄せるイベントに成長したのですが、そうなると大変なのが交通手段です。
なんと当時は都内じゅうの都バスの半分以上を東京駅、豊洲駅と晴海を結ぶ臨時便として動かしたといわれています。それでも足りなくて晴海から東京駅まで歩く人が相当数いて、その列が途切れなかったそうです。東京駅でオタクがタクシーに乗ると何も言わなくても晴海に向かってくれたというウソのようなホントの話もあります。

そんな中央区が誇った晴海。今も晴海ふ頭の客船ターミナルではコスプレイベントが行われ、コミケから続くオタクの聖地としての伝統が受け継がれています。
晴海のコミケで知り合った旦那も今や中年、AGAが進行して頭が薄くなってきました。オタクでハゲはさすがにきついのでクリニックで治療してもらおうと思っています。
DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンをおさえるフィナステリドの薬などがあるので今は進行をおさえることもできるようです。いざとなったら自毛植毛してもらいます。

新浦安は超未来的な街並みが素敵です

3月 21st, 2014

千葉県浦安市の新浦安駅周辺は典型的なベッドタウンでありながら海辺の埋め立て地につくられたため、山あいにある新興住宅地とは違った雰囲気があります。
基本的な作りというのはニュータウンよりさらに遠郊の最近開発された街の作りです。
駅前に広めのロータリーがありそれを取り囲むようにスーパー等のショッピング施設が配置されていて、その周囲に高層団地がたくさん存在しています。
海岸の埋め立て地なので非常に平坦で広い道だけ見ていると海外の都市のようです。

浦安液状化

この新浦安、東日本大震災では液状化現象で水道などのインフラが壊れて大変なことになりました。
地震の直後に行ったのですが、平坦だった土地が液状化で隆起してぼこぼこになっていて、駅前のバリアフリー用のエレベーターが浮き上がったり、ロータリー周囲の建物と歩道の境目も、以前は平らだったのにはっきりと段差ができていました。衝撃的だったのは電話ボックスが横倒しになっていたことです。
また高層マンションや団地に水を通すためにパイプが通されていたのも印象的でした。
まるで宇宙都市のような未来的な街の脆さのようなものを感じました。

友人が新浦安から渋谷まで通勤しているのですが、彼女が顔にシミができてしまいシミを消したいと相談されました。
シミ治療は美白化粧品などもありますが、確実なのは美容クリニックのようなところで治療してもらうことだと思いますので、それを勧めました。
美容皮膚科等でのシミ治療は、レーザーでシミの成分である肌の下のメラニンを処理することです。ルビーレーザーやYAGレーザーなどが使われます。
これらのレーザーは肌の黒い部分に反応するようになっていて、黒い部分に当たると吸収されて熱となります。その熱でメラニンを破壊するわけです。
施術を受けるとシミがかさぶたのようになって中から浮き出てきます。
日焼け厳禁なので日傘や日焼け止めなどでのケアが必要ですが、かさぶたがとれたあとはシミが薄くなっているのがわかると思います。なんどか繰り返していくうちにシミが消えていきます。
またハイドロキノンやルミキシルという外用薬も使用します。これらの外用薬は美白効果があるので、総合的にシミ対策をしていきます。
新浦安、渋谷間だと銀座あたりのクリニックがよさそうなので今度紹介しようと思います。

女性の美にかける金額とは…?

2月 10th, 2014

先日聞いたのですが、ある男性向けファッション誌が女性にどれぐらいファッションやコスメにお金をかけるかアンケートしたところ平均で年間62,000円という結果が出たそうです。

月5000円ちょっとという数字は少ない印象ですが若い女性を対象にしていたならそんなものかもしれません。昔より日本人もお金ないんだろうし。

でもこれって男性のファッション誌らしい質問というか、女の子のことわからなさすぎるというか、甘い!って思っちゃいますよね。だって女性が美しくなるためにかかるお金ってファッションやコスメだけじゃないですからね。

服やメイクの前にきれいな肌の手入れやスタイルの維持にどれだけお金や手間がかかっているか男子は知らなすぎます。男性は気づかずに全体を見てきれいだとかかわいいだとか言ってるけど、その印象のなかには肌の美しさなども含まれているはずです。でも男性の多くは自分が受けた印象が元の顔立ちやファッションやメイクによるものだと思いがちです。

でもそのうち何割かは、脱毛やニキビ対策、しみ治療などで肌を美しく保っているからで、そのためにはそれなりの費用がかかっていたりするのです。

それを入れると女性が美しくなるためにかけているコストはもっともっと高いと思います。
それを男性に知ってもらうべきかは別にして。

biyou

黒いニキビの痕だらけ

1月 16th, 2014

思春期のころにはニキビがほとんどできませんでした。でも、社会人になり仕事などのストレスが原因なのか急にアゴや口周り。それからくびにニキビができるようになりました。それにショックだったのは背中にもニキビができたこと。スタイルに自身があったので、背中が見えるような服を好んで着ていたのですが、背中にびっしりとニキビが出来てしまい、お気に入りだった背中が開いた服が切れなくなってとてもショックでした。しかも、このニキビが一度できるとなかなか治らない上に、膿を持っていて黄色くなることもありました。
それが原因か、ニキビが治ったあとも色素が沈着したのが黒くニキビ痕が残ってしまうしまつ……。

いつしか、キレイだったアゴの周りには、黒いニキビの痕だらけになってしまいました。いい加減、そんな自分のニキビにうんざりした私はニキビ治療 ランキングを見て1位のクリニックにいくことに。そこの先生に教えてもらったところ私のにきびは通称「オトナニキビ」といわれる思春期とは違う大人になってから出来るニキビだったんだとか。「オトナニキビ」ができる原因はホルモンバランスの乱れだったり、ストレスや寝不足からくるそうです。
これはさすがに生活習慣を見直さなければと、思ってしまいました。しかも、このニキビは飲み薬とつけ薬では治療しにくいということで、ニキビ専用のレーザー治療とフラッシュ光線治療をしてもらうことに。そしたら驚くほどに効果がでました。治療したその夜から膿をもったニキビが乾燥して、次の日にはニキビの中の膿もなくなったのかきれいになっていました。
その日から人生が新しく変わったような気がしました!
その先生のクリニックに1週間に1回の治療を受けに通院しましたが。治療をするたびに自分の肌が学生時代のころのようなニキビのないきれいな肌に。ずっとニキビで悩んでいたのに、たった数回の治療でここまで自分の肌が改善されるとは思ってもいなくって、本当にクリニックで治療をしてよかったと思っています。

kuronikibi

「米ぬかがあるじゃない!」

12月 16th, 2013

お金がないからと言って、美容にお金をかけないと、どんどんおばさんになってきます。なのでお金がなくても美容に手を抜けません!お金をかけないできれいになれる、夢のような方法がないかなぁと母の前でつぶやくと、母から「米ぬかがあるじゃない!」と言われました。はて?米ぬか?名前は知ってるけど、なにかは分からない…。母に「米ぬかってなに?」と聞くと、母は「やーねぇ。最近の子は米ぬかを知らないの?お米のカスよ!」と言われました。別に最近の子ではないけど、米ぬかを正確に知ってる最近の子はどのくらいいるんでしょうか?まぁいいとして、米ぬかとはお米を玄米から白米(普段、食べてる白いお米)に精米する時にでるぬかだそうです。そこにはビタミンが豊富に含まれています。米ぬか石鹸や米ぬか乳液なら聞いた事はありますが、お米のカスだと知ったのは初めてです。どこでそのぬかを手にいれるかというと、農協やスーパーの隅にある精米所で無料で手に入ります。私の場合は母の実家が農家で、実家に精米機があるため、実家に行きました。母の実家でぬかをもらい、それをフライパンで炒めます。そして、それを袋にいれます。さらしで作った手作りの袋です。作ったといっても、さらしを手の平ぐらいの大きさに切り、ぬかを包んで輪ゴムで止めただけです。もちろん、さらしも母の実家からもらいました。このぬか袋をお湯に濡らし、顔をマッサージします。5分くらいです。顔を洗い流すと、肌がもっちもっちになりました。すごい即効性です。母が言うには、ぬかには油が含まれているからだそうです。そういえば以前、クリニックでメディカルダイエットを受けた時もそんなこと言われたような気がします。

ぬかで床を拭くと、油の成分でワックスをかけたようになるみたいです。なので、顔をマッサージしたら床に使ってもいいそうです。後で調べたら、ぬかを安く売ってるお米屋さんもあるそうです。なぜなら、精米機で拾ってきた米ぬかには虫が混じってる事もあるからだそうです。タダで肌がもっちもちになる米ぬか美容を母に教えてもらって、得した気分になりました。

nuka

むくみをとる方法

11月 16th, 2013

私の仕事はパソコンを使います。そのため、目が疲れてむくみます。また、日によっては一日中、立ちっぱなしでお客様案内係になるため、足が棒のように疲れてむくむ時もあります。さらに職場で飲み会などもあり、飲んだ次の日は顔がむくみます。むくみやすい体質なのかなぁーと感じているこのごろです。むくむと太ってみえますし、美容にもよくありません。なのでむくみをとる方法をあれこれ試してみました。
姉から教わった顔のむくみをとる方法は、鎖骨をマッサージする事です。姉も友達から聞いた方法です。その友達は、韓国マッサージで鎖骨には顔のつぼがあると教わったそうです。姉は鎖骨をマッサージしてむくみがとれるそうなので、私も試して見ました。しかし、私の場合はあまり効果を感じませんでした。
バラエティ雑貨店でマッサージするグッズが売ってました。二股に別れている棒みたいなものの先にイボイボのローラーがついていて、それを顔にゴロゴロします。私はこれを使った方が効果を感じます。また、このマッサージグッズでふくらはぎをマッサージすると、疲れた足に気持ちいいです。足がすっきりして、足のむくみもとる事ができました。なので立ちっぱなしの日は足をゴロゴロしています。

また、目のむくみをとる時は蒸しタオルを目に当てます。市販でもアイマスクを売ってますが、私は蒸しタオルで十分です。目のむくみを本格的にとるには、指にオリーブオイルをつけて、目をぐるぐるマッサージすると効果がかなりあると聞いた事があります。それも試してみました。しかしオリーブオイルが目に入りそうで怖いため、今はやってません。代わりに、たまに目専用の美容液をつけてマッサージしています。
目専用の美容液は、普通の美容液より高いため、ケチケチ使っています。個人的な意見では、雑貨店で買ったローラーが一番好きかな?と思います。気持ちいいてすし、効果を一番感じます。ボディクリームを塗って、ゴロゴロやるのが日課になってます。

mukumi